2007年11月13日

神棚と仏壇の位置

「向かい合わせはいけない」と言いますが、神棚とお仏壇の位置はどう決めたらよいのでしょうか?                      神棚とお仏壇お仏壇をまつる場所は、次のように言われています。     このことを守れば、その位置はおのずから決まると思います。pic_002.jpg                          ●神棚は粗末にならい高い場所。南向きか東向きで一階が理想的。                                 ●お仏壇は、家族団らんの中心になるところ。家族が親しみやすいところ。荘厳なところ。 「向かい合わせがいけない」という理由は、単に、神棚におまいりするときはお仏壇にお尻を向け、お仏壇におまいりするときは神棚にお尻をむけるためです。気になる方は、避けたほうがいいでしょう。             元来、日本の神は、仏と仲が良かったのです。 神と仏を向かい合わせると喧嘩をすると思ったのですが、これは本当の神と仏の意思ではありません。        したがって、神棚とお仏壇を並べるところもあります。 要は、神棚もお仏壇も、位置よりも、毎日礼拝することが大切なのです。


posted by 合掌 at 15:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
      
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。