2007年11月14日

錀(りん)の打ち方

pic_005.jpg  (りん)はなぜうつのですか? また、そのうち方は決まっているのですか?                  (りん)は、その内側を打ち上げるように2回うちます。 初めは♪チーンと強く長くうちます。 2回目は♪チンと短く弱めにうちます。              最所の「♪チーン」で、仏様のなかでいちばん足のはやい韋駄天(いだてん)様が走り回って、他の仏様に伝えてくれるのだ・・・・などといいますが、わーい(嬉しい顔) るんるん2決定 8b_2.jpg     第一打は『かん鐘(しょう)』といって寺内や家族の者にお勤めが始まることを知らせ、 いよいよ『読経を始める』合図に第2打をします。  また、お経の切れ目切れ目にうつのは、大勢で読経するとき声をそろえるためのものです。 もちろん終わった時は、これで終了という合図にうちます。       (りん)は荘厳な雰囲気をだすためと、長く響く音によって邪念を取り払う役目も果たします。
         《 ご相談・お問い合わせ 》                      仏壇・仏具についてわからない事がありましたら、                        お気軽にご相談ください。                      maruyagou1.gif  からつ 鎌田屋                                                                                                                            Tel :0868(72)1543  Fax:0868(72)1544                                                             kamadaya@mx3.tiki.ne.jp
posted by 合掌 at 00:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
      
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。