2007年12月07日

数珠

mondai1.gif  数珠にはたくさんの種類があるそうですが、その選び方を教えてください。
kotaemaru2.gif
   数珠は宗派によって特徴のあるものですから、選ぶ時は家の宗派を念頭にしてください。
   
   数珠には珠の材料やその形によって、いくつかの種類があります。  
   たとえば、
   
 浄土宗で用いられるものだけでも、4種類。
   荘厳数珠、日課数珠、百八念珠、百万遍数珠があります。
   この中でよく用いられるものは、その型から「2連数珠」ともいわれる
  「日課数珠」で、 ふた回りにしてかけます。
 (今から約4百年前に、称念上人という人が工夫されたものです。)
  「日課数珠」は日課念佛をあらわし、融通念佛宗や浄土宗で使います。

 宗派によってちがうのですが、
  材料の面から選ぶとすると、
 
   菩提樹の実(お釈迦様が悟りを開いたのが、菩提樹の下であったため
  その実が最上とされています。)

  梅、紫檀鉄刀木(たがやさん)、白檀水晶、珊瑚、めのうなど から選ぶことになります。
  
 数珠は法事の引き出物に配ったりもしますが、
自分の好みで決めていいのです。
僧侶の数珠は、常に身につけて離さぬものですが、
俗人は仏事の時、装身具のようにもつ物なので、
材料は、自分の好みのものを選んで求めればいいのです。

続きは・・・・後で。



posted by 合掌 at 02:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
菩提樹の実って言うのがあるんですね!
 見たことあるんじゃろうか(><)

数珠がそんなに種類があるって知りませんでした。

でも合って当たり前ですよね。
ご先祖さまを拝むのにいろんな方法があるように

でもそれぞれ意味ってあるんでしょうかね・・・
たとえば梅は・・・とか
Posted by デンデン at 2007年12月09日 20:46
>デンデンさん
まだ、修行の身なんで、よくわかりません。
ごめんね。
梅はなんでしょうね。
石は水晶は「清める、災いをさける」とかいいますよね。
勉強しときます。
Posted by からつ at 2007年12月13日 02:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
      
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。