2007年12月07日

お仏壇のお参りの仕方

 situmonn2.gif  お仏壇のお参りの方法がわからないのですが、
        どうしたらいいですか?

 お仏壇のお参りの仕方は、各宗派によって異なりますが、
  
  かわいい  
kotaemaru3.gif
 
 @ 洗面を済ませ、仏壇の前に行き、まずローソクに火をつけます
 
 A 線香に火をつけたら、チョット押し頂いて、線香をおあげします
    (線香の本数はふつう1本でいいのですが、家族が2人ならば2本
   あるいは3人なら3本あげてもいいです。別に何本というキマリはありません。)
    (香炉ににお香をたくならば、ばず1つまみおしいただいて火にくべ、
   次に押し頂かないで1つまみ火にくべます。2回します。)
 B そして、かね(リン)を2つほど打ちます

 C 居住まいを正して座り、手を下腹のところに組んで深呼吸を2,3べんして
   気持ちを統一します。

 D 両手を合わせ、鼻端に自然に立てて合掌し、無心に頭を下げて礼拝します。

 E 礼拝する時にお唱えごとをします。

肝心な事は、端座して身も心も整え、一切の雑念をはらって、専一に合掌礼拝することであります。

 もちろん、み仏にザンゲすることや、お誓いすることや、お願いする事はいずれのことを憶念してもいいのですが、
 まずは、一たびは無心に空の気持ちになっておまいりすることが肝要です。

 端座と礼拝は無我相なりといわれるように、
世の中のことでこれほどまじり気なく純粋な気持ちのときはないでしょう。
 このような心の状態を帰仏といいます。

 おまいりは、端座、合掌、帰仏 となります。
posted by 合掌 at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お仏壇の前に立つと何故か見透かされているような気がして、しっかりしないとって思います。
 何事も思う心が大切ですよね。

恋人であったり嫁であったり子供そして両親
Posted by デンデン at 2008年01月07日 21:24
>デンデンさん
 子どもが帰って来た時、出かける時など
仏壇にお参りします。
無心、帰仏になっているのかな??
そうですね。
何事も思う気持ちですよね。
Posted by からつ♪ at 2008年01月07日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71510956
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
      
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。