2008年03月20日

お彼岸

mondai2.gif
お彼岸に仏事を営むのは?どうしてですか?

からつ鎌田屋でございます。
 仏教思想に、の本古来の祖先信仰が合わさって、お彼岸行事が生れました。

 この期間中、お寺では彼岸会(ひがんえ)という法要が行われ、読経・説法などをします。
 また、檀家の人たちは、お寺で説法を聞いたり、祖先の墓参りをし、だんごやぼた餅を作って仏前に供えます。
 どうしてするようになったのかは?
 


 ひらめき 3月の春分の日をはさんで、前後3日ずつの1週間を「春のお彼岸」といいます。
春分の日は、昼夜の長さが同じで太陽が真西に沈むため、仏教で西方はるかかなたにあると言われている極楽浄土にちなんで、この日に仏事をするようになりました。

 「彼岸」とは仏教用語で、向うという意味で、一切の悩みを捨て去って悟りの境地に達することをいいます。


    仏壇・仏具・手元供養・神具       

                からつ 鎌田屋   kamadaya@mx3.tiki.ne.jp
   
                 *わからないことがありましたら お気軽にご相談ください。



posted by からつ♪ at 11:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっと暖かくなり過ごしやすい季節になりましたね
いかがお過ごしでしょうか(^^) 
かしこまって書くと変ですが(><)

最近年をおうごとに実家に帰っても仏壇に座らなかったのがなぜか、何の気なしに座って手を合わせるようになりました(^^)
Posted by デンデン at 2008年03月24日 22:07
>デンデンさん
 
寒いのが苦手な私としては、嬉しい季節です。
いろんな事に感謝できるデンデンさんなんですね。
ご先祖さんに手をあわせるということは、ご両親にも感謝の気持ちがたくさんあるんですね。
 そういうデンデンさん、素敵ですね。
今、私が存在するのは、両親が出会ったからなので、感謝です。
Posted by からつ♪ at 2008年03月26日 03:11
両親が出会わなかったら大変なことですよね。
もしかして存在しなかったのかもとか考えたら重大ですよね。
まかり間違えて女の子に生まれてきたかもしれないし

素朴な疑問なんですが
牡丹餅ってなんでぼたもちって言うんでしょうか?
中に餡子が入ってるのもぼたもちなんでしょうかね

ちなみにわたくしは牡丹餅は食べれません(><)
小さい頃に食べさせられすぎたせいですが(おばあちゃんに)
Posted by デンデン at 2008年05月22日 21:29
>デンデンさんへ

甘党のデンデンさんなのに、ぼた餅はダメなんですか??
 私は好きです。
Posted by からつ♪ at 2008年05月22日 23:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
      
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。